水回りのリフォームはどれくらいの年月でした方がいい?

水回りのトラブルとリフォームについて

水回りのトラブルにはどんなものがあるでしょう

蛇口のパッキンが緩んだりすると、ポタポタと水が滴ってしまいます。 少量の水でも日々積み重なると水道代が大きく跳ね上がるものです。 節水の意味でも、水漏れは早急に対処しておくべきでしょう。 家事効率にもかかわってくるので、気になる不具合はなるべく早めに直しておきます。 ...続きはコチラ

トイレが流れない原因は

トイレのトラブルは出来るだけ避けたいものです。 詰まりやすい物を流してしまう事が多くの原因なので、日頃から気をつける事が大切です。 リフォームする場合は、タンクレス型のトイレなどお掃除も簡単で機能も充実したものが人気です。 汚れも蓄積されるので、やはり10年程を目安にリフォームを考えるといいでしょう。 ...続きはコチラ

お風呂の水が流れない時は

水が流れにくい時は、まずは自分で排水口を確認してみましょう。 トラブルを防ぐためには、汚れやゴミがあったらすぐに取り除いておきます。 長く使用していれば水栓だけでなく浴槽自体も劣化します。 浴室をリフォームする場合のポイントはどんなことでしょうか。 ...続きはコチラ

キッチンでよく起こる水回りの問題

電気、水道、ガス、どれもライフラインに欠かせないものですね。
中でも水に関しては何かトラブルが起きた時に、待った無しで早急な復旧が必要だとされています。

キッチン、トイレ、洗面所や浴室、どれも毎日何度も使います。
使用頻度が多いということは、その分劣化も進みます。
いざ壊れたり不具合が起きてからだと修理に数日かかる場合もあります。
水漏れや断水のまま過ごすのは住まう人に大きな負担があり、家自体にも悪影響です。
リフォームする場合は、現在使用しているもののおおよその耐用年数を把握しておくといいでしょう。

耐用年数は使い方によっても変わってきます。
キッチンであれば水栓や食洗機など毎日使用するものばかりなので、丁寧にお手入れしながら使っていても10年前後で取り替え時期の目安となります。
取り替えの作業自体は1日で完了するので、計画的にリフォームすれば水回りが使えなくて困ることはないでしょう。

水栓や排水などは、本格的に壊れる前に水が流れにくいなどの症状が出ます。
そのまま使い続けてしまうと、大きな工事が必要になる場合もあるので、不具合が出てきたらなるべく早く現状を専門業者に見てもらいます。

修理費用についても、修理で済む場合と部品の交換が必要な場合とでは変わってきます。
部品については、10年以上経つものだと旧タイプのパーツとなり在庫がない場合もあるので、部品だけの交換が難しくなる事もあります。
こまめに修理しながら使用するのか、大きなリフォームをするのかによって予算を立てておきましょう。