水回りのトラブルとリフォームについて

>

トイレが流れない原因は

トイレが突然詰まったら

トイレが詰まると、水が流れるどころかどんどん水位が増して便器からあふれそうになる事があります。
これはトイレの排水管が何かしらの原因で詰まっている事が原因です。

トイレの排水管の構造上、カーブになっている部分にトイレットペーパーが詰まっている事がほとんどです。
軽度な詰まりであれば、ラバーカップと呼ばれるゴム製のカップを使って詰まりを解消するのが一般的な方法でしょう。
それでも詰まりが直らない場合は、専門業者に来てもらいます。

日頃から気をつけたい事としては、水に溶けにくいトイレットペーパーは使わない事です。
使う量もあまりに多すぎると詰まりの原因になります。
流せる掃除シートなども一度に量を流さないように注意が必要です。

タンクからの水漏れ

最近ではタンクレストイレといい、タンクのないタイプのトイレが人気です。
タンクがない事でその分トイレを広く使えたり、スタイリッシュな見た目が人気の理由です。
ですがまだまだタンクのあるトイレの普及率には及んでいません。

タンクのあるタイプのトイレでは、水の出てくる管の部分に劣化による損傷などがあるとタンクからの水漏れを起こします。
水漏れの原因にもなるタンクですが、停電などでは水をためておくタンクのあるトイレの方が良い面もあります。

他にも吸水管の接続部なども劣化によってパッキンが緩んだりすると水漏れの原因となります。
トイレの故障は大きな問題です。
定期的に水漏れなどを起こしていないかチェックしておきましょう。


この記事をシェアする